任意整理をするとクレジットカードを使えないと言われることがあります。

 

正確に言えば間違っています。
使える場合もあるのです。

 

ただ、弁護士の多くはすべてのカードを解約することを勧めます。
任意整理をした経歴を多くの信販会社に内緒にするためです。

 

使えないわけではありませんが…

任意整理をするとクレジットカードが使えないのかと思われるかもしれません。
正確に言えば使えないことはないです。
任意整理の対象としていない信販会社のクレジットカードであれば使えます。

 

ただ、弁護士の多くは解約することを勧めるようです。
どうしてでしょうか。

 

解約を勧められます

弁護士がクレジットカードをすべて解約するように勧めるのは、任意整理の「被害」を最低限に食い止めるためです。

 

任意整理の「被害」で一番大きいものは、自分の信用情報を照会した信販会社が社内情報に書き込むことでしょう。
信用情報のデータが5年で消えても、信販会社のデータはもっと長期間保存されるかもしれないのです。

 

知られる後が面倒かも

任意整理をした信販会社は、おそらく二度と取引をしてくれないでしょう。
内部データがあるためです。
しかし、休眠カードなどの信販会社は自分が任意整理をしたことは知らないので問題ないでしょう。

 

ただ、休眠カードの更新の際に信用情報機関に照会されると、任意整理をしていたことがバレます。
後が面倒かもしれないのです。

 

使い続けることができるカード

このようなリスクはあるものの、必ずしも使えないわけではないので、クレジットカードがいきなり使えないことになるわけではありません。
休眠カードを「復活」させてもいいのです。

 

任意整理対象外ならOK

信販会社は顧客ごとに情報管理をしています。
任意整理をすると、社内情報に登録されますから他のカードも含めて使えなくなるはずです。

 

ただ、別の信販会社は、「バレなければ」利用可能なことは当然です。
信販会社などには、信用情報以外の「横のつながり」はありません。

 

知られずに使い続けられるかも

つまり、別の信販会社が発行している休眠カードがあれば復活させればいいのです。
休眠カードとなっていたほどなので、使い勝手が悪かったりするかもしれませんが、それでも使えないよりはマシと言えるかもしれません。

 

でも使わない方がいい

ただ、冒頭に述べたように弁護士はすべてのクレジットカードを解約するように勧めています。
その気になれば信販会社は信用情報機関に照会することができるので、知られたくない情報がバレる可能性があるのです。

 

不都合な事実は、なんとかして封印する方が将来のためになります。
信用情報のデータが消え去った5年後以降に利用を始めればいいのではないでしょうか。

 

更新の際に再確認されます

では、信販会社はいつも信用情報を照会しているのでしょうか。

 

信用情報機関に信販会社は照会できるものの、無尽蔵にできるわけではなく個人情報保護の観点から照会できる場合は限定されています。
その中に限度額を増やす「追加与信」や更新などの際に再確認をする「途上与信」という項目があるのです。

 

つまり、更新などの際には信用情報が照会されてしまいます。

 

解約すれば確認されません

ただ、解約してしまえば信用情報が照会されることはありません。
解約の際に信用情報を照会するようなことは認められていないのです。

 

そのため、手持ちのクレジットカードはすべて解約し、将来に備えようというのが弁護士の考えだと言えます。

 

ではどうすべきか

さて、このようにリスクを取って使い続けるか、安全策を取ってすべて解約するかの選択肢があります。
クレジットカードがいきなり使えないと不便なことは言うまでなく、できれば使いたいのは本音でしょう。
短期間だけ使い続けるという方法もあります。

 

しかし、どの程度使うことができるかは素人ではわかりません。

 

債務整理を得意とする弁護士に相談しよう

このような判断は自分だけでできません。

 

ネット上にはいろいろな情報が氾濫しています。
その内容もマチマチで正確さも不明です。
使った後でとんでもないことになる場合だってあります。
とはいえ、過度の安全策も利便性という面で問題があるでしょう。

 

このような判断は素人がするのではなく、プロの法律家に相談すべきことです。

 

最初は無料相談です

プロの法律家に相談するとはいえ、お金がかかると心配する人もいらっしゃるでしょう。
しかし、心配はいりません。
債務整理を得意とする弁護士のほとんどは最初の相談料を無料にしています。

 

一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

任意整理をしても必ずしもクレジットカードが使えなくなるとは限りません。
カードによっては使い続けることができます。
しかし、更新の際に信用情報機関に照会されると、任意整理をしたことがバレるでしょう。

 

もっとも利用金額が少なければ照会されないこともあります。
それなら使い続けても大丈夫かもしれません。

 

ただ、その判断を素人がすることは無理があるでしょう。
債務整理を得意とする弁護士に相談することが不可欠です。